増えていくアウトドアの道具たち!レンタル倉庫で解決!

2016年1月21日

気付くと増えてしまう趣味の道具たち

スノーボード、自転車、山登り、様々なアウトドアが話題になる今日この頃、身体を動かして健康にも良く、周囲の知人からも爽やかな印象を抱かれ、また共通の趣味の仲間が新しく出来るなど良い事も多いですね。しかし、意外とみなさん困る問題はその道具の置き所。自転車にせよスノーボードにせよ外で使う道具は家の中に持って入ると結構大きくて困るものです。かと言って、大好きな趣味の大事な道具を外に置いて雨、風にさらすのは心が痛みますよね。それでも、気付くとつい増えていってしまうのが趣味の道具ですよね。何とか上手く収納する方法は無いでしょうか。

レンタル倉庫を活用して解決!

レンタル倉庫を使うのが一番の近道でしょう。一戸建てに住んでいて庭、ガレージに倉庫を置くスペースがあれば、倉庫を買ってくるのも一つの手ですが、マンション、アパートに住んでいる人の場合はベランダに置くわけにもいきません。また自宅に庭がある人でも、きちんと下地の基礎の処理をしないと、湿度の管理が難しかったり、台風の際に倉庫が転倒して隣の家に被害を及ぼしてしまうということも。その点、月額いくらか払って借りるレンタル倉庫は安心出来ます。

毎日使うものじゃないから。少し離れた場所でもOK!

「そうは言っても、お高いんでしょ?」そう気になるのはお値段ですよね。大事な趣味の道具と言えど、保管だけで毎月あまりに高い金額を払うのは正直ツラいものです。値段を抑えるためには、倉庫の大きさを小さめのものにする、二階の倉庫を使う、市街地、家から少し離れたアクセスの不便な場所の倉庫を探すといった工夫がポイントでしょう。毎日使うものの場合は不便な場所では困りますが、月に数回しか使わないアウトドアの道具なら問題ないですよね。調べてみると意外と近くにリーズナブルな倉庫があるかもしれませんよ。

物流とは、商品が生産されてから顧客に納品されるまでの流れのことです。経済活動の基盤を支える重要な役割をしています。

詳細はこちら